言いたいことはすぐ言う

口が過ぎれば足を取られます。基本的にはWord2ページ程度

幸せの伝播

正確には『幸せが伝播することは……』


マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー・アゲイン”の
キャスト、メリル・ストリープ氏のコメントの一部を
少し変えてタイトルにしてみた。



前作も知らなければどんな話かも知らない。

ただ今年、コリン・ファース氏の紳士に惚れて
しまったにわかが映画館に引き寄せられた。


映画を観に行くようになったのも最近である。
(閉所恐怖症で前は近づきもしなかった)


素敵な所を上げれば切りが無い。


勿論、自分は知識も半端なので
「(ストライキ万歳のフランスで何故銀行関係?)」
「(14時間の会議と条項デター(・∀・)!)」
とか思ってた位だが…


過去と現在を同一ステージでしてしまうのか…!
同時進行の音楽とダンスに巻き込まれ、
案の定最後には最高に幸せな気分で映画館を出てきた。


過去と現在という二人一役も、それぞれのキャラが
全く違和感なく続けられる。



ご都合主義万歳派の私にとって

(元は『作られた作品にリアルを求めてどうする』
主義だったが、単に重箱の隅を突く輩が
見苦しいだけだと気づいて、最近はただ、作品を
楽しむようにしている)

幸せを作り出すための布石は沢山あって良いんじゃ
ないかなぁ。
(結果論者かもしれないが、適当な言葉を知らないだけなので失礼。)



レビューなんかは一切見ていないのだが、CGは
何か出てきそうだなぁと思う。


私は、余り“慟哭からの幸福”的な“マイナスから
プラス”というハッピーエンドは好まない。

日常で大声を出すことが余り無いし、そこまで
食ってかかることをしないタイプだからかもしれない。


そんな中で、“±ゼロ程度から上は果てしなく”的な
笑劇(Farce)は沢山の幸せをくれる。

『苦労を見せないだけ』的な意見があるかも
しれないが、そんなもの現実のことだけで充分だ。


最後に、
今回のマンマ・ミーア!でビアーズ・ブロスナン氏に
心を射貫かれて、ドナ、ロージー、ターニャを演じる
6名の虜になってしまったことは書いておきたい


マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック