言いたいことはすぐ言う

口が過ぎれば足を取られます。基本的にはWord2ページ程度

冷房が効くにはまだ早いらしい。

自分が住む地域が,がっつりと梅雨入りをした。
鬱陶しいくらいの雨のノイズ音に湿気と熱気が合わさってどうにも居心地が悪い。
因みに,職場の冷房は時期指定の上,フロア管理の管下にあるので自力では付けられない。

いくら南国県民と言えども不快なものは不快だ。(とはいえ付いたところで28℃なのだが)
 
急ぎの仕事は無いし,何となく集中も出来ない。
ついでに言うと時期的に仕事も閑散期だ。
 
・・・とはいえ,仕事が無いわけではないし,有休消化率は既にぶっちぎりのトップなので何となく取りづらい。
 
午前中で急ぎの仕事を終わらせ,後はとりまとめの資料を待っている状態。
集中出来ないから資料の一文を打っては消して,打っては消してで全く進まない。
思い通りの資料が出来ず,隣を見ながらそういえばうちの係って変わってるよなぁ・・・と思う。
 
 
4人いる係のうち,私と係長を除く2人が異動になり
一人は寡婦のきれい好きで,常に机の上にはアルコールティッシュとウエットティッシュが乗ってるし,もう一人は1日1食を貫く両足不随の車いす職員。
 
去年はどうだったっけ?と思ったら
もう一人は飴とお菓子が常備してあり,食べる度しょっちゅう歯を磨いていたし,
もう一人は左手不随で何か怪しい機械を付けてくることもあった。
 
・・・似たような人が来るのか?と思うが,単に私が引っこ抜いた個性が似通っているだけで全然タイプも方向性も違うのだが。
※因みに私の前任は,性別以外似てない仕事バリバリ出世階段一直線のウーマンだ。
 
 
今年は係内での会話が増えたけど,去年聞こえてたマシンガンのごとく早いタイピングの音は聞こえなくなったし,お菓子兄さんのキャラメルの包み紙がゴミ箱から姿を消した。
(因みに左手不随の兄さんのタイピングは,両手の私より早かった。私が遅いわけでは無い・・・と思う。)
 
そんなことを思いながら仕事の合間にこの文書の下書きをメモってるのだが,良い感じに筆が進む。
今,手元のメモ帳(仕事柄大量に手に入るポケットティッシュの台紙裏)を見られたら終わりだな・・・
 
まぁたまには堅苦しいことから離れてこういうのもアリだな・・と思う。
昼休みの新聞は許されてスマホでニュースを見ると来客者から怒られる。
そんな堅苦しい職場でもあくまで“メモ”くらいは良いだろう。
 
 
 
 
資料作成のアイデアは全く浮かんでこない。