言いたいことはすぐ言う

口が過ぎれば足を取られます。基本的にはWord2ページ程度

社会人旅行

ずっと綺麗でいたいから

自分の職場のパソコンはデスクトップ型でハードだけ別についている。 ・・・なんだデスクトップの話かと思ってしまった方。申し訳ない。 普通の部署はノートパソコン(容量も駆動時間も少ない)だが, 自分の部署は割と大容量のデータを扱うため (とはいっても…

冷房が効くにはまだ早いらしい。

自分が住む地域が,がっつりと梅雨入りをした。鬱陶しいくらいの雨のノイズ音に湿気と熱気が合わさってどうにも居心地が悪い。因みに,職場の冷房は時期指定の上,フロア管理の管下にあるので自力では付けられない。 いくら南国県民と言えども不快なものは不…

社会人5年目のお悩みアフター5

社会人五年目になった。 僕の隣には若くして伴侶を亡くし,一人娘を県外の大学に送り出した寂しいお父さん,そして両足不自由で車いすと杖を使いこなす人が僕の隣にやってきた。仕事には支障がないということだが,全員が『(さて,どうするか)』となったのは…

ようこそ狭い社会へ

4月期待と不安で胸一杯の新卒が入ってきた。自分とは違って大卒でいきなり本部勤務のエリートコース。勿論聞いたことある大学だ。 18で入社した私にとって、彼は同級生ながら後輩になる。 “社会人面できるんだな~という驕り”と,“ようやく同い年の人が入っ…

社会人4年目入学見込み

僕の二か所目の一年目。初めて専属の係長が付いた。前まで係長不任の職場にいた僕にとって新鮮だった。 昔は“鬼の”何て異名を持つ凄腕だったが今では“仏の”という代名詞がしっくりくる。ただし仏の顔も三度という言葉があるようにミスは痛いところを突かれる…

社会人2か所目の春

4年目の春僕は4年前慣れないスーツに着られた状態で見上げた本社にいた。 そして3年の時を経てワイシャツ、スラックスにベストという服装でここに来た。服装を改めることは考えていなかった。 前の部署で“ベストの人”と呼ばれるくらいには定着しており、実際…

2cm×3mm

手を合わせてからスイッチを入れ、うぃ~ん・・・バリバリバリバリ・・・・大分古い職場のシュレッダーに次々と用紙を差し込んでいく。 私が担当する企画書の没案(の残部)だ。・・・とはいっても自分が企画したものではない。 企画させておいて“自分たちが切…

髪を耳下まで。

私の職場は苦情を受けやすい部署だ。正確に言うと少し違う。“お前らじゃあてにならん。上を出せ!”・・というやる気のある選ばれし方々が来られる場所だ。 まぁ、前の部署も苦情はいくつか受けたが、それの比じゃないし身の丈に合わない。自分には遠い分野だ…

逃げなくて済む恥ならかいてこい。

12月22日。某洋服店中。前日、忘年会でしこたま係長に説教を食らった私は人生初めての経験をしようとしている。 その日の係長は妙に酒の周りが早かった。『お前、自分自身に対する女子力に対してネガティブだよな。』「え~そうっすか?」飄々と返すが内心ぞ…

社会人三年目と僕が置いたノート

3年目の春僕は今まで2年間お世話になった上司さんに別れを告げた。 それは同時に新しい上司さんがやってくるということでもある。何でも20年間現場で汗を流し続け、異動してくる前の職場で初めてパソコンを触った。そんな人だった。勿論僕らの道理とは無縁の…

PPAP

突然だけども私は呑み会が好きだ。・・というかみんなで楽しくワイワイと時を過ごすだけの時間が好きだ。 お喋り好きで目立ちたがり屋。そんな私にとっては呑み会は娯楽の一種だと言っても良い。 ただ、年末のこの時期の呑み会は大嫌いだ。いわゆる“忘年会・…

僕の社会人二年目

二年目の春丁度同じ季節が巡ってきたころ、僕のそばにいた部長・課長・補佐が全員定年退職した。寂しい出来事だったがそれは新しい出会いの種でもあったし分かりきっていたことだった。 新しい部長は小柄で見た感じ優しそうだが締めるところは締め、本核を突…

僕の社会人一年目

初めての上司さんは話しかけると気さくで優しい人だったが暗い人だった。 バツイチで今は二人目の旦那さんと暮らしている。時に頭を抱え、愚痴を言い苦しむ。自分の苦労を僕に聞かせ、入社当時、足手まといにかならなかった僕の分の仕事を全てやっていてくれ…

18の春と社会人1日目 -後編ー

僕が通されたのは“総務課”どうやら僕はここで働くらしい。 たった9人の課で僕が案内されたのは部長室から目と鼻の先の席。一番近い席だった。 必然的に来客応対もせざるを得ないだろう。何となくそう思った僕の席の目の前には僕の初めての上司がいた。 女性…

18の春と社会人1日目 -前編ー

過去の自分を振り返るにあたって一人称を”僕”としてみた。 18歳の春、僕は着られたスーツに身を包み、本社の目の前に立った。これから働く会社だ。だが、僕が働くのは本社ではない。地元近くの出先部署。だが入社式には全員本社へ集まることになっている。 …