言いたいことはすぐ言う

口が過ぎれば足を取られます。基本的にはWord2ページ程度

やる気の全線通行止め復旧めど立ちません。

仕事中、どうでも良いことを発祥に大切なことからどんどん離れていく時がある。

 


例えば,使っているマウスが赤色なのは自分が赤が好きだからで・・・
赤って危険色だよな~。けどどちらかというと黄色の方が目立つのに。

電柱は黄色・・・信号機の黄色・・・止まれは赤・・・あ,赤に戻った。

 

 

信号機ってどっちが赤だったっけ。
物事を良く見ていない証拠だ。

 

縦型の信号機をそういや雪国で見たことがあるぞ。
LEDだと熱で雪が溶けないらしい。

 


知識が半端で,大抵こういうときは仕事に飽きてる状態だ。

仕事思考が黄色信号を出したのでお茶でも飲もう。

 

 

緑茶を片手にふと,目の前の“ちんすこう”という物体に目をやる。

沖縄土産でパートのおばちゃんが貰ってきたやつだ。
粉っぽくて,らくがんみたいだけどこっちの方が好きで・・・

沖縄のお菓子はサーターアンダギーの方が好きだけど油っぽいし。

「ちんすこう」「ちんすこう」言っててもそんな歴史あるお菓子とか表記もないし。

その割には何故か知ってるしな~。

 

 

「考えたらこいつ,何者だ?」

仕事の重要さをちんすこうと一緒にほろほろと口でこぼし,仕事に戻ろうとするが
ちんすこうが頭から離れない。

 

 

「なんで“ちんすこう”なの?
実はお茶菓子じゃなくて沖縄独特のもっと旨い食い方があるんじゃ?」
目の前の仕事をストップさせて車線変更させた。

 

 

ちんすこう・・・「金楚糕」・・・こいつ,漢字があったのか。
気になる人は調べて欲しい。
好奇心の食指をそそられた割には何となく味気ない検索結果だった。

 

郷土菓子を調べるついでにボンタンアメやらを調べても薄い結果。
郷土菓子ってそんなものなのかなぁと思いながら書類にこぼれた粉を集める。

 

ながら作業をしながらの仕事は勿論進まず,
目の前にはさんざん書き殴って“要修正”の企画書が。

 

仕事の渋滞ルート,突入。